メンタルヘルス研修

メンタルヘルス研修の特徴

一般に、メンタルヘルス関連の教育研修は、「問題を未然に防ぐ」「悪い部分を解決する」というように、マイナスをいかに0にするかという視点のものが多いです。ただし、その視点だけでは人は幸せになれませんし、生き生き働くことはできません。だからこそ今ポジティブ心理学という考え方が注目を浴びています。

私はポジティブ心理学の観点から、大きな問題なく働いている一般の人が、どうしたらもっと幸せに生き生きと働けるか?」という視点を大切にしています。

基本的な枠組み

従業員から経営者までニーズに合わせた研修ができます。基本的にワークショップ形式で、1回120分程度で、20~30名程度の規模で行います。

例えば、こんなテーマです

  • ストレスに負けない強い心を育てる方法
  • 一流の人が実践する効果的に能力を高める方法
  • パフォーマンスを大きく高める目標設定の方法
  • カウンセラー直伝!人間関係をよくする会話術
  • 仏教式!超理論的4つの問題解決ステップ
  • チームを理想に導くビジョンメイキング
  • 心理の専門家だけが知っている不安緊張を今すぐ手放すリラックス法
  • 心・ストレス・幸せの仕組み
  • 悪い習慣を手放し、よい習慣を身につける方法
  • 小学生でも分かる健康経営の対策講座

その他、私のサイトには、テーマごとに多数の記事があります。それらの中から、ご希望に近いものを選んでいただき、研修を実施することもできます。
(堀口寿人公式サイト)https://www.hisato.jp/

研修事例

 この事例は、精神疾患者をご家族に持つ方々の家族会で、「コミュニケーションの取りにくい精神疾患のご家族と、いかにして効果的なコミュニケーションをとるか」というテーマで行いました。

お問い合わせ

投稿日:

執筆者: